CFD取引比較 - 初心者のための業者比較入門 & ランキング!! > CFDのわからない用語・商品をわかりやすく!! > CFDのプラチナ取引についてわかりやすく!!

CFDのわからない用語・商品をわかりやすく!!

CFDのプラチナ取引についてわかりやすく!!

プラチナというのは希少金属の中でも金属よりも価値があるため、金よりもありがたいものと思われる事もあります。
ただその価値観は貴金属、希少金属、CFDと利用される場所において大きく変わります。


主な用途としては宝飾品のみならず、工業品としてもハイブリッドエンジンなどに使用されています。
この分野での利用が盛んになるとプラチナの価格が上昇したりするのでプラチナを扱う際にはこれらの動向を見守る必要があります。


日本の自動車業界のニュースは世界に常に影響を与えており、その並みはすぐにプラチナ界にもきます。近年では工業品としての利用が高まっており、最先端の技術ではプラチナは大いに利用されています。


一方の宝飾品としての需要は、工業の需要が増えると減るということもあるそうです。プラチナの希少性というのは、金と比べても非常に高くつきます。


その理由というのが、人類がコレまでに手にした純粋なプラチナは5メートルの立方体程度といわれるほどですから、どれだけその数が無いのかということが窺えます。


…というと金とプラチナが現在同じ価値であるというのは逆に可笑しい話とも言えますがこれも取引の結果であるに過ぎません。


アフリカでほとんど産出が行われるプラチナですが、取引の規模が金よりも10分の1までに小さいために、値動きは非常に激しいです。
2009年時点では1オンスあたり1000ドルとありましたが、ここから10ドル、20ドル程度ならパッとした拍子に動きます。


安定した相場とはいえませんので1日中デスクにつけないという人には少し難しい取引となるかもしれません。なので、短期間に集中して取引したいという人にはお勧めかもしれません。


最低取引単位が10オンスからなので、大体100万円ほどの準備資金が必要になります。手軽ではありませんし、ハイリスクハイリータン性が高いため難しいところですが、短期間で稼げる(逆も然り)とも言えるのがプラチナ取引の利点でしょう。


レバレッジ2倍にして50万の証拠金で挑戦するとして、2000ドルまで動くのは無理にしても1200ドルあたりまでは現実的でしょう。


工業に深く関わっているためやはりどうしても原油価格に影響を受けやすいところがあります。大き目の動きを見ながら短期で集中して大きな利益を狙う、そんなスリリングさもあるプラチナ取引です。


IGマーケッツ証券CFD(旧FXオンラインジャパン)



ひまわり証券CFD



CMCマーケッツジャパン