CFD取引比較 - 初心者のための業者比較入門 & ランキング!! > 各社サービス&スペック徹底比較表 > CFDの取引ツールで比較!!それぞれのツールの説明も!!

各社サービス&スペック徹底比較表

CFDの取引ツールで比較!!それぞれのツールの説明も!!


SAXO系トレードシステム


SAXO系トレードシステムは、非常に人気が高く、世界中でも多くの人が利用しています。
SAXO系のトレードシステムには、色々な利点などがありますが、最も魅力的と言える点は、約定力が高いという点でしょう。

また、提示レートが有利に働きやすいという点も、見逃せません。

さらに、約定力が高いということは、市場の動きが激しい時などにも、これと言った問題がなく、システムも安定しているということなので、多くの投資家から高評価を得ています。

分析ツールなども充実し、長期間の統計も取れるので、上級者でも初級者でも、非常に使いやすいとの評判を得ています。

日本において、SAXO系トレードシステムを利用しているのは、DMM証券ひまわり証券になります。


長く、しかも、確実な取引を得たければ、SAXO系トレードシステムが、一番と言えるかもしれません。


★★★ひまわり証券のその他詳細・スペック★★★


GFT系トレードシステム


GFT系トレードシステムは、世界でも有名な寄り引きツールです。開発したアメリカのGlobal Forez Tradingは、その名の通り、グローバル企業としても、知名度が高くなっています。

GFT系トレードシステムの一番の特徴は、高機能が豊富ということでしょう。
チャート機能があり、さらに、ユーザーが自由に画面表示などをカスタマイズでき、レイアウトについては、他の追随を許さないかもしれません。

また、提示レートの信用度が高く、投資家の間でも、非常に重宝がられています。
さらに、様々な分析チャートも数多く揃えられているので、分析重視の投資家には、非常に適した取引ツールと言えるでしょう。

日本においては、インヴァスト証券、内藤証券、SBI証券などが、提供しています。


★★★インヴァスト証券のその他詳細・スペック★★★


IG Group系トレードシステム


投資の盛んな国は、アメリカばかりではありません、かつての大英帝国であるイギリスにおいても、世界的なロンドン・シティが築かれています。

そのイギリス発祥の取引ツールが、IG Group系トレードシステムです。

IG Group Holdingsという会社が開発し、業界初と言えるリスク管理機能を搭載しました。

ギャランティ機能というものがあり、ストップ注文を一度掛ければ、ロスカットされる機能になっています。

また、プライス最適化機能というものもあり、端的に言えば、有利なレートで、約定可能にする機能です。

日本にも、IG Groupが存在し、FX Online Japanがこのシステムを採用しています。


★★★FX Online Japanのその他詳細・スペック★★★


Markets-pro


独自のツールシステムと言えるのが、Markets-proになります。
世界70か国以上で使われ、24時間リアルタイムで、市場動向を追うことができます。高機能チャートと分析ツールに定評があり、多くのトレーダーが利用しています。

言ってしまえば、プロ仕様というところでしょう。
また、世界中の様々な国際賞を受賞し、名目実力ともに、世界最高峰の取引ツールと言えるでしょう。

日本では、CMC Markets JapanがMarkets-proを提供しています。


★★★CMC Markets Japanのその他詳細・スペック★★★


IGマーケッツ証券CFD(旧FXオンラインジャパン)



ひまわり証券CFD



CMCマーケッツジャパン