CFD取引比較 - 初心者のための業者比較入門 & ランキング!! > まずはこここから…CFDとは?? > CFDのコストはどんなものがあるの?!どのくらいかかるの?!

まずはこここから…CFDとは??

CFDのコストはどんなものがあるの?!どのくらいかかるの?!


さまざまな資産運用ができる金融商品があります。 それぞれにいくつかの手数料がかかります。 CFDにおいても、取引にかかわる手数料がかかります。 CFD取引は、さまざまなものを取引の対象としているので、それぞれに手数料のかかり方が異なります。
また、取引を行う銘柄によって、手数料が無料になる場合もあります。 CFD取引を行う場合、取引にかかる手数料が無料の方がユーザーにとってはよいですが、CFD取引を行っている取次業者は、ただ取次をしているだけで儲けがなければ、会社を運営していけなくなってしまいます。 ですから、CFD取引には、スプレッドと言うシステムがあります。 スプレッドは、売値と買値の差額を言います。 わかりやすく説明すると、売値が98円、買値が100円の場合、2円がスプレッドなります。 このスプレッドは、手数料という名称が付いていませんが、実質、取引における手数料になります。 スプレッドは、CFD会社の儲けになる部分で、CFD取引の取次を行っている会社によって、提示される金額が異なるので、会社を選ぶときの比較の対象になるでしょう。 提示される価格については、さまざまです。 そのほかには、株式によるCFD取引を行う場合に、金利や両替手数料が発生します。 このときにかかる手数料は、日本株の場合は、0.6%前後、香港とシンガポール株の場合が3%前後、ヨーロッパ株は、1.5%前後の場合が多いようです。 取引を行う銘柄によって、手数料が変化します。 どの銘柄で取引を行うか手数料を比較して検討するとよいでしょう。 直接CFD取引の手数料とはいえませんが、CFD取引を行って、収益を得た場合は税金がかかります。 CFD取引の収益とそのほかの雑所得の合計が20万円以上の場合で、年間の所得が2000万円以下の場合は、申告を行う必要があります。 資産運用が目的でCFD取引を行っているユーザーが多いので、支払う手数料は少ない方がよいでしょう。 手数料と名前の付いているもののほかに、スプレッドと言う名前の手数料もあります。 そのほかにも、出金に手数料がかかる場合や取引自体に取扱手数料が発生する場合もあります。 取引を行うときは、契約の内容を隅々まで呼んでから取引にかかる手数料を認識してスタートさせましょう。

IGマーケッツ証券CFD(旧FXオンラインジャパン)



ひまわり証券CFD



CMCマーケッツジャパン