CFD取引比較 - 初心者のための業者比較入門 & ランキング!! > CFDのわからない用語・商品をわかりやすく!! > CFDのキャピタルゲインとインカムゲインって?? 解説!!

CFDのわからない用語・商品をわかりやすく!!

CFDのキャピタルゲインとインカムゲインって?? 解説!!



CFD取引においては、大きく分けて、二つの利益を得る方法があります。
それが、キャピタルゲインとインカムゲインです。


まず、キャピタルゲインとは、売買差益によって、得られる利益のことです。



これは、FXにおいても当てはまることで、FXでは通貨自体の取引によって得られる利益になりますが、CFDの場合は、派生商品の売買自体で得られる利益となります。

通常利益を得たい場合、「安いところで買い、高いところで売る」ということですが、これは買いの場合になります。


CFDにおいては、FXと同様、買いばかりでなく、売りからも行うことができます。
これが、いわゆる「空売り」になります。


売りからの場合、買いの時と逆になります。
つまり「高いところで売り、安いところで買う」というものです。


まとめて言えばCFDとは、買いでも売りでも利益を得ることができる取引ということです。


株式取引においても、同様なことができますが、信用取引口座という別な口座を必要とします。


しかし、CFDの場合、FXと同様、別途口座を開設する必要がありません。
一つの口座で、空売りも行うことができます。


また、キャピタルゲインは、インカムゲインよりも、還元率自体が大きくなっています。

インカムゲインは、金利差で儲けることであり、毎日利益が発生します。


詳細に見れば、ポジションをホールドすることで、利益を重ねて行きます。
言い換えれば、預金と同様、預けるのみで、利益が増えていくものです。


インカムゲインには、通常、オーバーナイト金利と配当金があります。


オーバーナイト金利とは、ショートポジションをホールドすることにとって、得られる利息のことです、


配当金は、決められた日時までに、株式CFDを購入し、それをホールドすることで得られる利益のことです。


株式にも、配当金は存在していますが、それは単純に企業の営業利益から配当されるものです。
CFDにおいては、少々複雑になっているとも言えるでしょう。


こうして見ると、インカムゲインの方が、そのままの状態(ホールド)で、
利益が重なっていくため、初心者にとっても、非常に手の出しやすい投資

とも言えます。


ですがやはり、CFDで儲けたければ、インカムゲインよりキャピタルゲインのほうが得られる利益がはるかに大きいので、キャピタルゲインをどれだけ取得するかにあると言えます。


そのためには、相場の読みと経験が重要です。
また、各取引業者の分析チャートや経済ニュースなどで、常時市場の動向を探ることも大切です。


CFDもまた、他の投資同様、多くの情報に触れながら、自分のスタイルをいかに確立するかで、利益の大きさが決まってくるとも言えるでしょう。


IGマーケッツ証券CFD(旧FXオンラインジャパン)



ひまわり証券CFD



CMCマーケッツジャパン