CFD取引比較 - 初心者のための業者比較入門 & ランキング!! > まずはこここから…CFDとは?? > CFDとFXと違いって…?!

まずはこここから…CFDとは??

CFDとFXと違いって…?!



CFD取引は、差額決済契約を言います。
最近は、日本の個人投資家の間でも注目を集めている金融商品です。


CFDは、以前専門性が高いので機関投資家やヘッジファンドのみで取引が行なわれていました。


個人投資家でも取引を行なうようになったのは、1990年代にイギリスでサービスが開始されたのが始まりです。


その後、インターネットの普及と共に、ヨーロッパ全土に広がり、オーストラリアなどの先進国に広がりました。しかし、日本を始めとするアジア諸国では、まだ、あまり知られていない、資産運用の方法です。


CFD取引は、FX取引のように委託証拠金を証券会社などに預けて取引を行ないます。では、CFDとFXの違いには、どのようなものがあるのでしょうか?



FX取引は、外国為替証拠金取引を言います。
外国の通貨を組み合わせて取引を行ないます。


例えば、ドルと円、ユーロと円などのように、通貨の価格変動によって、利益を得る方法です。
そしてCFD取引には、国内外の株式や債券、株価指数のほかに、業種別指数、コモディティなどの金融商品の価格変動によって、利益を得るものです。


FXとCFDの違いは、取り扱いの金融商品の数の多さの違いがあります。
複数の金融商品の口座は、別々に口座を設けるのではなく、ひとつの口座でまとめて行なうことができます。
そして、CFD取引は、「売り」からスタートできるのも特徴的です。


CFD取引では、現物株を持たず、売買の価格の差で取引を行い、利益を得ることができます。
ですから、少ない資金でも取引を行なうことができ、価格に変動が行なった場合、すぐに対応できます。


そして、FXは、預けた証拠金に対して、レバレッジの掛け幅によって、資金の運用を行ないます。
FXも少ない資金で取引を行なうことができますが、預けた証拠金とレバレッジの倍率以内での取引になります。


CFD取引は、国内でも販売されるようになりました。
そして、CFD取引のほうが多くの利益を得ることができるという考え方があるようです。


しかし、このような資産を運用する取引は、元金保証がない場合もあります。
また、多くの利益を得るためには、高いリスクが伴うことも間違いではありません。


CFD取引は、国内外の株式や債券、先物取引などの取引を行なうことができるので、FXのような通貨の変動による利益だけではないので、利益率が良いという考え方もあるようです。


FX取引の場合は、多くの資金を投資しても、通貨の変動が大きく変わるということがないので、利益を得たとしても少額の場合があるので、FX取引よりも、CFD取引のほうが短い期間で、多くの利益を得ることができるという個人投資家もいます。


FXとCFDでは、リスクは少なく、少しずつ利益を得ようとするのか、リスクが高くても多くの利益を得ようとするのかで、どちらを選ぶか選択することができます。ですが、多く利益を得ることができるということが、多くの損失にもつながるということも忘れてはなりません。


IGマーケッツ証券CFD(旧FXオンラインジャパン)



ひまわり証券CFD



CMCマーケッツジャパン