CFD取引比較 - 初心者のための業者比較入門 & ランキング!! > 意外と知らない注意点と勝ち方 > CFD リスク管理は徹底しましょう!!!

意外と知らない注意点と勝ち方

CFD リスク管理は徹底しましょう!!!



CFDとは、「Contracts for Differnce」差額決済契約のことです。
取引される銘柄、株式、債券、先物取引、株価指数などがあります。


これらの金融商品の値動きの影響を受けます。
さまざまな金融商品の取引を行うので、専門知識の会得やリスク管理を行なう必要があります。


CFDは、元本の保証がないので、リスク管理を十分にする必要があります。


CFDは、レバレッジという仕組みを使って、少ない資金でも、大きな取引ができるので、市場の変化の影響を受けやすい取引です。


このことから考えると利益が出たときは、多くの収益を得ることができますが、同じく損失が出た場合は、多くの損失が出ることになります。


大きな損失が出ないように、事前の調査や情報収集も必要ですが、実際に、このような損失が出た場合の対処法を知っていることもリスク管理につながります。



CFDの取引では、損失が出ることを予想して、それを回避することも大切なリスク管理といえます。


CFDは、元本保証もなく、必ず利益がでる取引ではないので、取引上のリスクを想定しておく必要もあります


CFD取引では、為替、商品先物取引などの金融商品は、24時間取引が可能なので、時間を気にする必要はありませんが、株式においては、取引時間に注意します。


日本の株式とアメリカの株式の取引が行なわれている時間帯が違います。
また、海外の場合は、サマータイムの時期に注意をしなければなりません。


また、市場の取引上のリスクが発生する場合もあります。


売買にかかわるスプレッドが急激に大きく広がる場合があり、そのために大きな損失につながる場合があります。


そのほかにも、取引を行なっている通貨の変動によって、損失につながる場合もあります。


そして、最近はCFD取引をインターネットで行なっている人も多く、その場合は、パソコンの状態や接続の安定性も大きなリスク管理となります。


CFD取引を行なう場合は、さまざまなリスクが発生する可能性が考えられます。ですから、リスク管理をどのように行なうかということが大切といえます。


IGマーケッツ証券CFD(旧FXオンラインジャパン)



ひまわり証券CFD



CMCマーケッツジャパン