CFD取引比較 - 初心者のための業者比較入門 & ランキング!! > 意外と知らない注意点と勝ち方 > CFDリスク回避の方法

意外と知らない注意点と勝ち方

CFDリスク回避の方法



CFD取引には、損失を最小限に抑えるためのシステムが用意されています。
代表的なものをいくつかご紹介しましょう。



・マージンコール(不足証拠金通知)

マージンコールとは、
総資産を超える額の証拠金を必要とする取引を行おうとした際に
出される警告
のことです。


つまり、取引で出した損失の額が、
預けた証拠金の一定水準を上回った時に警告される
ということです。


マージンコールが発生してしまったら、証拠金額が総資産額以内に収まるよう、
基準値を超えるポジションを決済するか、
資金を追加して総資産額が必要な証拠金額を上回るようにするかの
どちらかの方法を取る必要があります。


警告の通知方法は、証券会社からのメールや、
取引中のパソコンの画面への表示などです。
マージンコールがあることで、大きな損失を未然に防ぐことができます。


・マージンカット(強制決済)

マージンカットとは、総資産額が必要な証拠金額の20%を下回ると、
強制的に全てのポジションが決済されるシステム
のことです。
これにより、損失がそれ以上拡大せずに済みます。


万一証拠金がマイナスになってしまった場合は、
不足金額を支払わなければならなくなります。


ただし、保有銘柄のトータルの利益で計算されるので、
ひとつの銘柄で十分な利益が出ていれば強制決済されずに済みます。

マージンコールやマージンカットの発生を避けるためには、
資金の全てを証拠金にせず、口座資金に余裕を持たせることが大切です。


・ストップロス(逆指値注文)

ストップロスとは、あらかじめ決済する価格を設定しておく注文方法です。
この価格まで上がったら買い、またはこの価格まで下がったら売りというふうに、
自分で許容できるラインを決め、
その価格になったら自動的に注文が出されるようになっています。


こうすることで、損失を最小限に抑えることができますし、
相場が急変しても慌てずに済みます。
また、自動で注文を出してくれるので時間がない方にもおすすめの注文方法です。


IGマーケッツ証券CFD(旧FXオンラインジャパン)



ひまわり証券CFD



CMCマーケッツジャパン