CFD取引比較 - 初心者のための業者比較入門 & ランキング!! > まずはこここから…CFDとは?? > CFDの注文方法

まずはこここから…CFDとは??

CFDの注文方法



CFD取引にはおもに5つの注文方法があり、
これらを活用することでより効率的な資産運用ができます。



[成行注文]

成行注文とは、価格を指定せず、いくらでもいいから買いたい、
または売りたい
という時に使う注文方法です。


基本的には注文した時点での価格で売買が成立しますが、
値動きの激しい時は予想と違った価格で成立してしまうこともあるので、
注意が必要です。


[指値注文]

指値注文とは、売買する価格を指定して注文を出す方法です。
価格を限定しているため、その価格にならなければ売買は成立しません。
買い注文ではその時点の市場価格より低い価格、
売り注文では低い価格を指定する必要があります。


「逆指値注文」

指値注文とは反対に、価格が低くなった時に売り、
高くなった時に買う注文方法
です。


売り注文の場合ロスカット(損切り)といい、
価格が下落している時にそれ以上損失を出さないために使います。
買い注文の場合、
ある程度価格の上昇を見届けてから買いたい時に有効な注文方法です。


[IFD(イフダン)注文]

売りと買いの注文を同時に設定しておく方法です。
一度に二つの注文を出し、
最初の注文が成立すると自動的に二つ目の注文が出されます。


たとえば、指定した価格で買い注文が成立したら、
その価格が上昇したら売る場合と下落したら売る場合の
ふたつのパターンの組み合わせで注文しておくことで、
利益追求とリスク回避のどちらにも対応することができます。
取引に時間を取れない会社員の方などにおすすめの注文方法です。


[OCO注文]

二つの注文を同時に出しておき、
一つが成立したらもう一方をキャンセルするように設定しておく方法
です。


たとえば、今持っている銘柄の価格が上昇した場合の売り注文と、
価格が下落した場合の売り注文を同時に出しておくことで、
利益追求とリスク回避が同時にできます


また、ある銘柄の価格がいくらまで下落したら買い注文を出す、
あるいはいくらまで上昇したら売り注文を出すと同時に設定しておけば、
市場の動向により対応しやすくなります。
この注文方法も時間が取れない方に最適といえます。


IGマーケッツ証券CFD(旧FXオンラインジャパン)



ひまわり証券CFD



CMCマーケッツジャパン