CFD取引比較 - 初心者のための業者比較入門 & ランキング!! > 意外と知らない注意点と勝ち方 > CFDにも税金はかかるの?!

意外と知らない注意点と勝ち方

CFDにも税金はかかるの?!



CFD取引に慣れてくると、
利益を出すことができるようになってくるかも知れません。
そうなったら嬉しいことですよね。
ですが、嬉しさのあまり忘れてしまわないようにしていただきたいものです。
何のことかといいますと、そうです、税金です。



実はCFD取引で得た収益にも税金がかかってくるのです。
CFDで得た収益は雑所得に分類され、
その他の所得との合計金額から所得税額が計算されます。


サラリーマンなどの給与所得者の方は、年間の給与所得が2000万円以下で
雑所得の合計が年間で20万円を超えた場合
に確定申告をする必要があります。
専業主婦の方は、雑所得が年間で38万円を超えた場合に申告が必要です。


CFD取引にかかる税金は総合課税制ですので、
給与所得と同じように税金がかかります。

つまり、儲ければ儲けるほど税額が高くなるということです。


ここが、どれだけ儲けても税額が一律で済む株取引とは違う点です。
CFD取引のデメリットのひとつとでもいえるでしょうか。


尚、確定申告する際には必要経費を控除することができます。
ですから、総収入額から必要経費を引いた金額が雑所得の額になります。


必要経費としては、インターネットのプロバイダ料金や、投資に関連した書籍代、
投資を学ぶためのセミナーなどの受講料や交通費などを控除
することができます。


CFDにかかる税金は1年間に得た収益に対してかかり、
1月1日から12月31日までの間の収益が対象になります。


1年ごとの課税ですから、例えば前年の損失を今年の収益で相殺する
といったようなことはできませんのでご注意ください。


申告する時期は翌年の2月15日から3月15日までで、
お住まいの住所地を管轄する税務署で行ってください。


直接窓口へ書類を持参する方法のほか、郵送で申告することもできます。
最近ではインターネットを使って電子申告することもできますので、
管轄の税務署が対応しているかどうか確認してみてください。


IGマーケッツ証券CFD(旧FXオンラインジャパン)



ひまわり証券CFD



CMCマーケッツジャパン