CFD取引比較 - 初心者のための業者比較入門 & ランキング!! > まずはこここから…CFDとは?? > 不況でも大丈夫?!CFDで空売り

まずはこここから…CFDとは??

不況でも大丈夫?!CFDで空売り



CFD取引では、FXや株の信用取引と同様に、
売りから取引を開始
することができます。
取引を売りから始めることを「空売り」といいますが、この空売りを利用すれば、
価格が下降している時にでも利益を上げることができます。



株取引では、空売りを行うためには信用口座を開かなくてはなりませんが、
CFDではその必要はありません。
最初に開設した口座でそのまま取引を行うことができます。


空売りとは、
自分が持っていない銘柄を売ることで利益を上げる取引方法です。
この場合、価格が下落している局面で利益を上げることができます。


普通の感覚では、価格が安い時に買って、
価格が上昇している局面で売ってこそ利益が出ると考えますが、
空売りはその逆なのです。


いったいどういう仕組みなのかといいますと、
まず証券会社から欲しい銘柄を借り、その際証拠金を担保として預けます。
あくまでも買ったのではなく、ただ借りただけの状態です。


そして次に、借りた銘柄を売ります。
ここで、売りから取引に入ったことになります。


証券会社から借りた銘柄が時価10万円ならば10万円で売ります。
この時点で、手元には10万円が入ってきたことになります。


そして、価格が下落している局面でその銘柄を買い戻します。
仮に価格が10万円から7万円に下落していた場合、
7万円を支払うと手元には10万−7万=3万円が残ることになります。


最後に、借りていた銘柄を証券会社に返せば、空売りの取引は終了です。
これが、売りから取引することで利益が出る仕組みです。


逆に、価格が上昇局面になった場合は損失が出ることになります。
もし損失を出してしまった場合には、
証券会社に担保として預けた証拠金から精算することになります。


不景気などにより市場の価格が下落傾向にある時、
通常の投資方法では利益を出すことが難しいですが、
CFD取引なら景気の動向に左右されることなく、
いつでも投資のチャンスに恵まれているといえます。


IGマーケッツ証券CFD(旧FXオンラインジャパン)



ひまわり証券CFD



CMCマーケッツジャパン